よくある質問

よくある質問

Q1. 住野商店で処理可能な物・不可能な物は何ですか。

Q2. 委託契約書とはなんですか?

Q3. マニフェストとはなんですか?

Q4. 積替保管とはなんですか?

Q5. 料金を教えてください。

Q6. 蛍光灯、乾電池の処分はできますか?

Q1. 住野商店で処理可能な物・不可能な物は何ですか。

【処理可能な品目】

廃棄物を処理するためには、該当する品目の許可を取得していることが前提となります。
住野商店の目社工場で扱うことができる品目は以下のようになります。

品目 具体例
がれき類 コンクリートがら、アスファルトコンクリートがら、など
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず ガラス、タイル、レンガ、石膏ボード、など
廃プラスチック類 塩ビ管、ブルーシート、ビニール、など
金属くず 鉄骨、鉄筋、など
木くず 木くず、合板(ベニヤ)、など
紙くず ダンボール、包装紙、壁紙くず、など
繊維くず 廃ウェス、など

【処理不可能な品目】

医療系廃棄物、廃油、汚泥など
※上記以外の廃棄物(鉄さい、汚染土壌、アスベスト等)についても、グループネットワークを通じて処理が可能な場合が多くあります。住野商店までお問い合わせください。

Q2. 委託契約書とはなんですか?

自社で処分できない廃棄物の収集運搬又は処理を委託する場合、法律で必ず契約書を交わすことと、契約書に記載しなければいけない事項が決められています(廃棄物処理法施行令 第6条の2)。その契約書を委託契約書と言います。

Q3. マニフェストとはなんですか?

廃棄物の収集運搬又は処理を委託する場合、廃棄物の種類、数量、収集運搬業者名、処分業者名、最終処分の場所等の必要事項を記載した伝票を交付することが必要です(廃棄物処理法 第12条の3)。その伝票を廃棄物管理票(マニフェスト)と言います。

詳しくはこちら

Q4. 積替保管とはなんですか?

処分場に搬入する前に一旦産業廃棄物を積替え、保管することです。収集運搬の一過程で処分場の搬入路が混雑するのを防ぎ、運搬の効率化を図ります。

Q5. 料金を教えてください。

通常混合廃棄物で2t車1台42,000円〜、4t車1台57,000円〜となります。
廃棄物の種類によりますので、詳細はお問い合わせいただけましたら、ご案内させていただきます。

Q6. 蛍光灯、乾電池の処分はできますか?

平成29年10月1日より、廃蛍光灯に取り扱いが変更になりました。処分会社へ収集運搬できます。詳細はお問い合わせください。

ページの先頭へ