事業内容

中間処理

  • STEP.1
    受入検査・軽量
    受入エリアで、マニフェスト(廃棄物管理票)と廃棄物の性状や危険物等の確認を行なった後、トラックスケールで計量します。

  • STEP.2
    手降ろし、粗選別・ライン選別
    搬入された廃棄物は、手おろしエリアおよび粗選別エリアで大まかに選別されます。さらにベルトコンベアによるライン選別では、熟練した作業員がきめ細かな選別作業を行います。この段階の丁寧な精選別作業が、リサイクル率の向上につながります。

  • STEP.3
    再資源化機械処理
    一連の工程によって品目毎に精選別された廃棄物は、再生素材やエネルギー資源として再生品メーカー等へ搬出するために、品質基準に沿って、破砕、圧縮、梱包等の再資源化のための機械処理が行われます。

主な設備内容

  • 混合廃棄物処理ライン(混合廃棄物処理施設、複合品処理施設、可燃品処理施設)
  • コンクリート処理ライン
  • 木くず処理ライン
  • スクラップ処理ライン

飲料容器選別再資源化プラント(空き缶、空き瓶の自動分別・減容)

ジャンボプレス機(段ボール・ペットボトル等の減容)

複層縦型圧縮梱包機(廃プラスチック類軟弱剤の減容)

石膏ボード粉砕分別機(廃ボード粉砕分別)

木くず処理施設

スクラップ処理施設

無煙焼却炉

処理能力及び状況

施設 処理品目 処理方法 処理能力
混合廃棄物
処理施設
混合廃棄物
(廃プラ、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラス陶磁器くず、がれき類)
機械選別・手選別 300m3/日
1)可燃品処理 廃プラスチック類 圧縮 15.2t/日
紙くず、木くず、繊維くず 焼却 1.5t/日
2)複合品処理 ガラス陶磁器くず
(石膏ボード)
破砕 28t/日
RPF製造施設 廃プラスチック類、紙くず、
木くず、繊維くず
(上記 ※ の処理後物の一部)
圧縮固化 106t/日

ページの先頭へ